ip-town

Just another WordPress site

光回線

集合住宅の光回線事情

投稿日:

都市部では戸建ての住宅ではなくアパートやマンションに住む人の割合の方が多いと思います。

戸建ての住宅ならば光回線を引くのは比較的楽ですが、集合住宅の場合には入居時に光回線が来ていなかった場合、あれこれちょっと面倒なケースもあります。

そういった部分も含め集合住宅における光回線の状況をまとめてみます。

基本線

基本線として、一般的に集合住宅で入居時に光回線が導入済みでなかった場合には、光回線を使うインターネット接続サービスの導入は結構大変になる、ということです。

賃貸住宅の場合には、アパートやマンションのオーナー、大家さんの同意が絶対に必要です。

それなりに費用がかかる工事になるはずですから、住人一人だけの希望では簡単にあとから光回線を導入することはかなり難しいでしょう。

ただ、今ならばそういったインターネット接続環境があることは物件の価値を上げる要因になりますので、交渉してみる価値はあると思います。

そういった手間を省きたい場合には物件選びの段階で事前にネット接続の設備があるかどうかをチェックしておきましょう。

分譲マンションでもあとから光回線を引くのはちょっと面倒で、多くの場合管理組合の同意が必要になると思います。

まずは管理会社の窓口などに相談してみると良いと思います。

集合住宅の光回線サービスの種類

アパートやマンションに光回線を引く場合、マンション内の配線には大きく分けて2つのパターンがあります。この内容をまとめます。

– VDSL

こちらのパターンはマンション内は光ファイバーの配線を行なわず、金属のケーブル・電話回線の配線を使って接続を行ないます。

VDSL(Very high-bit-rate Digial Subscriber Line)はADSLと同じような原理を利用して、通常の電話の通話では使用しない周波数をうまく使ってADSLよりもずっと高速な通信を行なう仕組みです。

通信速度は非常に高いのですが、その代わり通信が行える距離が極端に短くなっています。

マンション内の配線に使える程度の長さしかうまく通信を行なうことが出来ません。

高速とはいっても直接自宅まで光ファイバーを引き込む接続よりは通信速度が落ち、最新のVDSL方式でも最高通信速度は100Mbps程度に抑えられます。

その代わり各部屋まで光ファイバーを引く必要がないため、集合住宅にも後付けでインターネット接続回線を導入出来る可能性があります。

厳密に見るとそれぞれの部屋まで光ファイバーは届いていないのですが、扱い上はFTTH(Fiber To The Home)の1種類としてカウントされています。

弱点は光ファイバーを自室まで引き込む方法よりも最大通信速度が落ちることと、わずかに接続の安定性が劣ることです。

– 全戸光ファイバー配線

最近はマンションなどでもこちらの配線が行なわれるケースが増えているようです。集合住宅でも戸建ての住宅と同じようにそれぞれの部屋まで光ファイバーで配線を行なう方式です。

こちらならば通信の安定性や最大通信速度は戸建てタイプの光回線と同様になるメリットがあります。

そのかわりこちらの方式で集合住宅にあとから光回線を引くのは難しいケースの方が多いでしょう。

購入するならこの1台!各MVNOで購入するならこのスマートフォンだ!

-光回線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

光回線のメリットとデメリット|サービスの種類などインターネット接続回線について

  インターネットの各種サービスを利用するためには、自宅とインターネットを結ぶ回線が必要です。 スマートフォンでネットを利用しているユーザーはその回線の存在を意識することが少ないと思いますが …

no image

光回線と携帯回線を併用して通信料金をセーブするための工夫

  自宅ではパソコンをつかってガンガンネットのサービスを利用する、とか、自宅でもスマートフォンで動画を見まくる、というような使い方をするユーザーは、やはり自宅には光回線を引いておくほうがトー …

no image

フレッツ光のメリットとデメリット

NTTが日本で最初に一般ユーザー向けに開始した光通信サービスがフレッツ光です。 10Mbpsからスタートして速度が向上し続け、現在は全て1Gbps回線を使うサービスに集約されつつあります。 フレッツ光 …

no image

auひかりのメリットとデメリット

  auひかりはKDDI系列がサービスを行なう光回線のインターネット接続サービスです。 NTT系のフレッツ光に先駆けてより高速な接続回線の提供を行なうなど、後発ならではのサービス展開を行なっ …